男の人

双極性障害は油断大敵|身近に潜むキッカケ

完治には早期治療が鍵

笑顔の女の人

直ちに医療機関に

最近になって、感情の起伏が激しくなったと周囲の人から言われるようになったと感じることはありませんか。もともとうつ病で、気分が高揚する躁状態になることもあるという場合には、まずは、双極性障害かもしれないと疑ってみてください。周りに指摘されたことは無視しないことが賢明です。実際に、双極性障害はご自身では気が付きにくい病気だからです。また、双極性障害の初期症状には次のような特徴が挙げられます。人の話を聞くことができなくなった、睡眠時間が少なくても大丈夫な気がする、イライラ、根拠のない自信があるなどは主な症状と言えます。また、ギャンブルやショッピングなどへの散財が増えた、集中力に欠ける、疲れやすいなども、過度であれば病気の可能性も考えられるでしょう。双極性障害は、うつ病とよく比較されます。共通点は、気分が落ち込むことが挙げられますが、うつ病とは異なり、気分が妙に高ぶった状態になる時間帯があるのが双極性障害です。これらの初期症状に心当たりが少しでもあれば、すぐに専門の医療機関にかかることをお勧めします。医療機関にかかるメリットは、まずは、ご自身の病気を把握することができる点と、その対策を打つことが出来る点です。精神疾患には、共通の特徴があります。早い段階で治療を始めることができれば、完治させることができる可能性も高まることです。特に双極性障害の場合は、うつ病よりも治療が長期化する傾向にあるため、すぐに医療機関にかかることがとても重要な病気です。精神科や心療内科にできるだけ早くかかってみてください。この際、家族の協力や理解があれば、大きな助けになることでしょう。

薬物治療と精神治療

双極性障害の治療は、薬物治療と精神治療です。そして、初期段階では、薬物治療がメインとなります。双極性障害の治療薬の特徴は、気分安定薬を使用することです。うつ病では、SSRIやSSNIなどの抗うつ薬を使用しますが、双極性障害の場合には、気分が高揚する時間帯もあり、抗うつ薬ではこれを抑えることはできません。気分を安定させる効果のある成分、リチウムやバルプロ酸などが用いられますが、代表的な薬は、リチウム成分の「リーマス」です。リーマスの良いところは、躁状態にもうつ状態にも効果を発揮すること、再発予防効果や自殺を抑える効果があることで、双極性障害の多くのケースで利用されます。ただし、妊婦が摂取すると胎児が奇形化する可能性があるため、妊婦の双極性障害には、リチウムではない成分を用いることとなります。初期段階では、薬物治療を根気強く行うことがとても大切です。主治医から、「薬は必要ないでしょう」と言われるようになるまで、必ず継続することが何よりの治療方法です。そして、調子の良い時には、脳を使ったり身体を使ったりという作業を怠らないことも重要なことです。薬物治療とともに治療の中核となる精神治療では、患者が主体的に自分のことを把握し、自分の問題として捉える認知療法がメインとなります。躁状態になる時にはどんな考え方をしていて、どこが正常でないのか、逆にうつ状態の場合はどうかなど、ご自身のことを客観的に見ることがとても重要です。躁状態の時は、自分のことが冷静に見ることができないケースが非常に多いため、家族の協力が不可欠です。双極性障害の治療は、患者と医師、そして家族が三位一体となることで、早期の改善が期待できます。

Copyright © 2016 双極性障害は油断大敵|身近に潜むキッカケ All Rights Reserved.