男の人

双極性障害は油断大敵|身近に潜むキッカケ

特徴と治療時の注意点

腕を上げる男性

早期発見が困難な初期症状

以前は躁うつ病とも呼ばれていた双極性障害は、躁症状とうつ症状が交互に現れる精神疾患で、躁症状の際の程度が、周囲が異常を認識できる程度の明確な躁状態の場合には双極一型障害、周囲が異常を感じない程度の軽躁状態の場合には双極二型障害に分類されます。双極性障害は他の精神疾患と同様に、できる限り早期に適切な治療を開始した方が症状が重くならず、回復のための時間や負担も少なく済みます。しかし、双極性障害は早期発見が難しいケースの多い精神疾患ですので、早期発見のためには双極性障害に関する一定の知識を予め身に着けておくことが大切なのです。双極性障害の初期症状は患者によって躁症状の場合もあればうつ症状の場合もあります。そして初期症状が周囲が異常に気付きやすい双極一型障害の躁状態である場合には双極性障害の中では比較的早期発見が容易です。しかし、躁状態はそもそも患者本人にとっては何ら苦痛を感じる状態ではありませんので、周囲の人が異常に気づかない限り早期発見は困難なのです。そして、双極二型障害で初期症状が躁症状の軽躁状態であった場合には更に発見が困難です。というのも双極一型障害の躁状態と同様に軽躁状態も本人には自覚がなく、それに加えて軽躁状態の場合には周囲も気付きにくい程度の症状しか現れないからです。そして双極性障害の初期症状がうつ症状である場合は、本人も含めて異常に気付くことはそれほど難しくありません。しかし、症状だけを見ると専門的な知識の無い人には双極性障害ではなくうつ病などの他の精神疾患を疑ってしまう可能性が高いので、早期発見が容易ではないのです。しかも双極性障害の患者がうつ病の代表的な治療法である抗うつ剤を服用すると躁症状が悪化し、却って双極性障害が重度になるというリスクも抱えています。そのため、初期症状がうつ症状である場合の専門知識を有さない人の安易な自己判断は危険なのです。

治療に際してのポイント

双極性障害の可能性を感じて、あるいは何らかの精神疾患の疑いを持って精神科や心療内科を受診する際、及びそうした専門医に治療のために通院する際に大切なことが、患者が1人だけで通院するのではなく、普段から患者のそばにいる家族などが同伴することです。というのも、双極性障害の治療に際して、より適切な治療法を選択してもらうためには、医師に対して発症時期や経過、具体的な症状の内容などの情報をより正確で詳しく伝えることが必要になります。しかし、初期症状が躁症状である場合には、患者本人は前途の通り躁症状に伴う苦痛を感じることがありませんので、症状に関する具体的な情報を的確に医師に伝えることが困難なのです。また、初期症状がうつ症状である場合には、その発症しているうつ症状が双極性障害によるうつ症状なのか、それともうつ病をはじめとする他の精神疾患によるうつ症状なのかを医師に見極めてもらわないと、患者は的確な治療を受けることができません。従って医師により正確な診断を下してもらうために、患者のみからの情報よりも、日頃から患者の傍にいる家族からの情報も得られた方が、医師にとってより適切な診断が下しやすくなるのです。また、治療の際には患者だけでなく、家族の強力も必要不可欠です。双極性障害は一般的なうつ病よりも症状に波があり、対処が難しい病気でもあります。患者自身の状態もその時々で大きく変わるため、その変化を正確に伝えられる人間が必要となります。また日頃の患者への接し方を医師から伺うことも可能なので、家族側にとっても病院に行くことは大切になるでしょう。患者と家族と医師、三者の協力が密になることで、より早く双極性障害を治療することが可能になります。

Copyright © 2016 双極性障害は油断大敵|身近に潜むキッカケ All Rights Reserved.